お知らせ

  • TOP
  • お知らせ

ICL手術(近視矯正手術)について

ICL手術は、眼内にICLレンズを入れることで近視を矯正する最新式の手術です。
ICL手術はLASIKなどの角膜を削る手術と異なり、生体に対する影響が少ない手術です。
そのためICL手術はLASIK術後に問題となる、収差の増加(ぼやけ)、グレアー(まぶしさ)、ドライアイ、近視のもどりなどの光学的なデメリットが少ない手術です。
また、ICL手術はICLレンズの度数の幅が広くLASIK不可の強度近視の治療にも対応しています。
近視矯正手術にご興味のある患者様は当院にご相談下さい。

健康保険適応多焦点眼内レンズ手術について

健康保険適応多焦点眼内レンズについて

LENTIS®Comfort (参天)は初めて厚生労働省から健康保険適応の認可を受けた多焦点眼内レンズです。
多焦点眼内レンズは白内障手術時に眼内に挿入する遠近両用眼内レンズです。
従来の多焦点眼内レンズは健康保険適応がないため、自費での手術が必要でしたのでどうしても手術費用が高額になっていました。
LENTIS®Comfortは健康保険適応の多焦点眼内レンズですので、通常の白内障手術と同様に健康保険で手術を受けることができます。
健康保険適応多焦点眼内レンズ手術の御希望があるかたは当院に御相談下さい。

斜視は治る病気です。

眼の位置の異常を斜視といいます。斜視の専門医は少なく、治療できずにそのままになっている患者様がたくさんいらっしゃいます。特に小児期から斜視があり治療できずに成人になってしまってあきらめている患者様も少なくありません。小児でも成人でも斜視は適切に治療すれば治る病気です。斜視の度合いが大きい患者様は手術が必要ですが小児は全身麻酔、大人は局所麻酔で手術を行います。当院の斜視専門外来にぜひご相談ください。

斜視弱視外来 小児眼科外来

ホームページをリニューアルしました

医療法人高徳会松永眼科のホームページをリニューアルしました。

プラケニル(ヒドロキシクロロキン)使用患者さんの検診について

プラケニル(ヒドロキシクロロキン)は全身性エリテマトーデス(SLE)に対し処方される抗炎症薬です。プラケニルはSLEの治療に対し高い治療効果が望まれますが、副作用としてクロロキン網膜症という眼の病気を発症することがあります。そのため、プラケニル開始後は眼科で定期的な副作用チェックが必要です。プラケニル開始後は眼科で視力検査、眼圧検査、細隙灯顕微鏡検査、眼底検査、網膜光干渉断層計検査(SD-OCT)、視野検査、色覚検査などの検査を行います。当院ではクロロキン網膜症の専門検査を行っていますのでお気軽に御相談下さい。

コンタクトレンズがずれやすい、視力がでにくい方について…円錐角膜の可能性があります。

コンタクトレンズは近視、遠視、乱視などを矯正し視力を向上させることができます。しかし、すべての患者さんでよい視力が望めるわけではありません。とりわけ円錐角膜などの病気がある眼では通常のコンタクトレンズで視力をだすことはできません。円錐角膜とは角膜のカーブが進行性に強くなっていく病気です。進行に伴って乱視が強くなり、しだいにコンタクトレンズがずれやすくなり、視力も低下してきます。円錐角膜の視力矯正、進行予防には治療用コンタクトレンズが必要になります。当院では円錐角膜専用コンタクトレンズでの治療をおこなっています。

沖縄タイムス「命ぐすい耳ぐすい」

沖縄タイムスに掲載されました。

沖縄県医師会編「命ぐすい耳ぐすい」(1033)白内障の手術 近視改善などメリット